更年期障害というと、閉経の年代に差し掛かった女性のイメージが強いと思いますが、男性にも更年期障害があるのをご存知ですか?近頃では、男性の更年期障害が注目されておりてきています。女性の更年期障害は女性ホルモンの減少が原因になりますが、男性の更年期障害は男性ホルモンの減少が原因です。男性はテストステロンという男性ホルモンが45歳くらいから70歳くらいまでにかけて少しずつ減少していきます。それにより、ホルモンバランスが乱れ、さまざまな症状が現れます。なので、男性の場合も女性と同じく、45歳から55歳くらいが更年期とされているのです。それでは、その更年期障害の症状とは、男女で違うのでしょうか。女性の更年期障害の症状とは、冷え、顔のほてり、のぼせ、イライラ感、不安感、抑鬱感、疲れやすい、眠れないなどが主に挙げられるでしょう。男性は違うのでしょうか。実は、症状としては男性もほとんど同じです。しかし、冷えや顔のほてりが症状として多い女性の更年期と違い、男性の場合には疲れやすさや不眠の症状の方が多いのです。女性も同じとは言っても、糖尿病などの生活習慣病を発症しやすいのもこのとき期です。更年期に骨粗鬆症や高脂血症が起こりがちなのも、男女とも同一のことがいえるのです。まだ更年期を迎えていない人でも、更年期を無事乗り切るために、普段から栄養面に充分配慮し、ストレスを溜め込まない健康的な生活を送ることが望まれますー